読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

33才サラリーマンが減量手術を受けてみた(仮)

体重100kg超えの33才サラリーマンが減量手術によってダイエットする日々について書いたブログです

5月14日(日)睡眠のこと

5月14日(日)91.8kg

 
閑話休題的なテーマ。
睡眠について。
 
これまで生活は21時頃帰宅→大量の惣菜をアルコールで流し込む→寝るという生活を続けていたので、仕事の疲れも相まってかベットに行くと泥のように眠ってしまっていました(但し呼吸は止まる)。
一方、術後は食事量が減り、また禁酒していることもあってか、これまでのようにすっと寝付いた感じはしないです。
何となくCPAPを付けていても煩わしい感じがするし。
 
逆に、朝はこれまでは時間ギリギリに起きることが多かったのが、1時間くらい朝余裕を持って起きています。
ベットに入る時間はほとんど変わらないので、単純に睡眠時間が減っているにも関わらず、なぜか寝覚めも良いです。
多分夜中消化することにエネルギー使っていたのが無くなったので、その分朝楽になっているのかなぁと。
 
この辺りはステージ③に入って食べるもの変わるとまた違ってくるのかなぁ?
何とも言えない話ではあるのだけれども、とりあえず備忘として。