読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

33才サラリーマンが減量手術を受けてみた(仮)

体重100kg超えの33才サラリーマンが減量手術によってダイエットする日々について書いたブログです

5月12日(金)仕事と食事(ステージ①→②)

5月12日(金) 92.2kg

 
結論:液体だけ摂ってて仕事はできない
 
今週は月曜日に術後初出社し、その日は午後休。
火曜日はフレックスを使って定時前退社。
水曜日にフルタイム働けるか試みたのですが…
 
しんどい、マジでもう無理。
 
夕方位に大分ふらついていたところに打ち合わせが入り、なし崩し的に残業した後、仕事のミスが出てしまったところで限界だと判断。
翌日からステージ①とステージ②の折衷のような食事をしています。
 
○朝食
・豆乳
 
プロテインはそのままに、栄養強化を狙って割り材を水から豆乳に変更
 
 
○昼食
・たまご豆腐or茶碗蒸し
・味付卵
・野菜ジュース(おやつ)
 
昼食に本来ステージ②のたまご豆腐と味付卵を追加。
ただし食べるときは時間をかけて、かつダンピングを起こさないよう食事中は水は飲まないようにして食べています。
 
○夕食
・味噌汁(YMC支給のサプリ添加)
・ビタミンジュース(YMC支給品)
 
食事内容自体はステージ①と同じ。
 
○夜食
・ヨーグルト(プロテイン添加)
 
残念ながら流石にこの夕食だけでは足りないので、夜のおやつとしてヨーグルトを食べる。
トクホで内臓脂肪が減るとされる「恵」を食べる辺りがささやかな抵抗。
 
これで何とか定時までは頑張れる感じです。
食事量が増えても体重の減少スピードは変化なかったため、一応来週一杯はこれで頑張ってみようと思います(フラグ)。
 
 
また、働く中で気づいたことが2つ。
 
(1)体力的には順調以上に回復してきているものの、ある種の精神力(集中力の深さや持続性)はまだまだ途上な感じがする。これは術後に回復するのか、それとも摂取している栄養に課題があるのか。
 
(2)財布の中身がほとんど減らない。これまでは昼食500円、夕食1,000円ぐらいは普通にかかっていたものの、現状食費は1日2~300円程度。いろいろな意味で生活の質が上がる(食生活を除く)。