読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

33才サラリーマンが減量手術を受けてみた(仮)

体重100kg超えの33才サラリーマンが減量手術によってダイエットする日々について書いたブログです

4月24日(月) 術前1週間前:99.6kg+YMC栄養士へ術前連絡+カミングアウトの感想

4月24日(月)
体重推移:100.4kg→99.6kg。

栄養士から指導があった術前5%減量(96.7kg)が大分怪しくなる。

おかしいなぁ、毎日1万歩は歩いているのだけれども。

術前1週間前なのでYMCの栄養士さんに現在の体重状況について報告。

「減量頑張っていますね!ラスト1週間、気を抜かずに継続して頑張りましょう。」

…、多分もっとひどい人を含めて、慣れているんだろうなぁ。

まぁ、キツイ言葉をかけられるよりは気分いいのでもう少し頑張る。

 

大学の友人や草野球仲間など、粛々と友人にカミングアウトを進める。

よく言われるのが「私さん(仮)って、見た目ほど食べてないですよね?」。

飲み会ではそこそこアルコールを飲むものの、外食している分には他の人に比べて多く食べている訳ではないので、やはり自分は肉が付きやすい体質なんだと思う。

事実小学生低学年の頃は運動できない太っちょだったのが、4年生から野球を始めるとみるみる痩せていったし。

ただ、それなりに筋力は付いた今は、この体質は残念ながら活かせそうにない(肉体労働に転職すれば更に筋肉も付くだろうから、また話は違うのだろうが)。

まぁ、食べ物不足の時には重宝しそうな体質ではあるものの、ある意味手術をして食べる量を体質に合った量に変えるという選択肢は、自分にとって道理にあった選択肢であるように思う。