読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

33才サラリーマンが減量手術を受けてみた(仮)

体重100kg超えの33才サラリーマンが減量手術によってダイエットする日々について書いたブログです

3月21日(火) 術前検査1日目

3月21日(火)
検査は平日しかできないとのことなので、今日明日と年休取得して、検査初日。

最初はインボディ計測。

普段から草野球や自転車をやっていることもあり、筋力全体は平均以上だったものの、下半身の筋力が平均以下であったのが我ながら意外。

だとすればこの太い脚に一体何が詰まっているというのか、夢とロマンか。

続いて血液検査。

試験管9本分の血を取られる。こんなに血を抜かれるのは、健康だった大学生の頃に行った献血以来な気がする。

 

続いて人生初の胃カメラを経験する。

まずは麻酔薬をノドヌールスプレーみたいな器具で喉にシュッシュとされる。

一部飲み込んでしまい超むせる。呼吸を止めて1秒わたし真剣に死にかける。

胃カメラ自体は特も痛みもなく、つつがなく終了。

 

少し時間を空けて心臓のエコー検査。

久々に横になったので何だか眠くなる。

午後は栄養士との面談。

術後、時間経過後毎にどんなものを食べるのか説明される。

特に強調されたのが水分補給。

胃が小さくなった分(2LペットボトルがオロラミンC位のサイズになる)、一度に飲める水の量は少なくなるものの、1日2リットルは水を飲むようにしないと脱水症状の恐れがあるので意識して飲むようにしろとのこと。

また、個人的には炭酸飲料禁止が痛い。

割りとストレス発散の意味もあり普段からガブガブ炭酸を飲む方なのだが、術後は折角小さくした胃を炭酸の発泡で広げてしまい、むしろ空腹感が湧くとのこと。

ここは意識して生活習慣を変えないといけないなぁ。

 

なお、術前までに5%(5kg分)減量し、逆に増えているようなら手術延期とのこと。

そのための置き換え食としてマイクロダイエットが支給されるらしい。

気をつけよう。


続いて薬剤師との面談。

原則術前術後で同じように処方された薬を服用すればいいものの、血をサラサラにする薬(私の場合はコレステロールの薬が該当)については術前1週間は服用不要とのこと。

また、術後は1回あたりで飲める水の量が減るので、場合によっては薬を砕いてから服用した方がいいらしい。

この辺りは術後の状況にもよるだろうが。

以上、諸々で2万円程。

終了は14時半くらい。もうちょっと段取りよく行けば半休で済むのだけれども。